世界のトップクラスの選手たちも使用していることで、気になっているアマチュアも多いであろう「アームロックパター」。一体どういうメリットがあるのか、アマチュアにも使いこなせるのか。今一度おさらいしてみよう。

アームロックパターのメリットとは?

ブライソン・デシャンボーやマット・クーチャーなどPGAのトッププレーヤーを中心に使用者が急増し、話題を集めているアームロックパター。ひと昔前に流行った中尺パターを、左前腕に沿わせるようにグリップして打っているように見えるが、はたしてどれほどのメリットがあるのか。

ボビー・グレースのアームロック用パター「アームアンカー」シリーズを販売しているマグレガーゴルフジャパンの松下健氏に、アームロックパターの「秘密」を聞いた。

「アームロックは、長いグリップを左前腕に沿わせて固定し、左腕とパターと一体化させてストロークする手法です。そのためストローク中に手首の角度が変わらず、手先が悪さをしないのが大きなメリットです。しかし、開発者のボビー・グレース氏に話を聞き、私自身も実際に使ってみて、たんに左腕にクラブを固定するだけではない非常に大きなメリットがあることがわかったんです」(松下氏)

松下氏によれば、アームロックパターのもっとも大きな利点は「ストロークのアークがものすごく大きくなること」だという。

一般的なパターでは、ストロークの支点は「首の付け根」とか「胸の中心」などと言われるが、アームロックパターの場合は、パターヘッドから左肩を突き抜けたさらに先の首の後ろの上空に支点があるような動きができるという。

画像: ストロークの支点を高い位置にすることでストロークアークが大きくなる(撮影/姉崎正)

ストロークの支点を高い位置にすることでストロークアークが大きくなる(撮影/姉崎正)

「すごく大きな振り子でストロークできるので、自然とヘッドが低く長く動くんです。当然方向性がよくなりますし、ボールを長く押せるので転がりもいい。さらに支点が胸よりもさらに奥にあるから、振り子運動に伴って胸や背中などの体幹がしっかり動く。これはタッチの面でも大きなメリットがありますし、何よりストロークの本質ともいうべき動きがしやすいんです」(松下氏)

タッチが合わない、方向がズレるというアマチュアの多くは、ストロークを手先の動きに頼り手首が余計な動きをしているケースが多いが、アームロックならそれらの悪い動きがすべて払拭されるというのだ。

一方で、アームロック方式でパッティングするには、専用のパターが必要。ボビー・グレースのアームロック用パターも、長さが38~40インチ前後で、総重量も750g前後。専用の長いグリップが装着されシャフトの挿し方も7度傾けてあり、一般的なパターとは似ても似つかない。

そのなかでも、アームロック本来のメリットを引き出すためには、いくつか絶対的な条件があるという。

「まずひとつは、ロフトです。アームロックで構えると、左肩からクラブヘッドまでが一直線になるので、必然的に強いハンドファーストになります。そのため、普通のパターではロフトがマイナスになってしまい、仮にうまくストロークできたとしてもボールはスムーズに転がりません。これを解決するためにロフトだけを増やしても、フェースがスクェアになりにくかったり、パターヘッドの後方が浮いてしまうなどの問題が生じます」(松下氏)

画像: グリップが上腕にかかるとアンカリングとみなされて違反となる(撮影/姉崎正)

グリップが上腕にかかるとアンカリングとみなされて違反となる(撮影/姉崎正)

そのためボビー・グレースのパターは、シャフトを7度傾けて挿してあるうえネックを「逆ベンド」に曲げてあり、ハンドファーストに構えたときにピッタリと収まるようになっている。

「もうひとつは長さの問題で、ルール上、グリップが上腕にかかるとアンカリングと見なされて違反になってしまうんです。そのため弊社では、ユーザーの体格や構え方に合わせて長さを調節し、必ずグリップエンドがひじより下に収まる長さで販売するようにしているんです」(松下氏)

このようにギアの面で参入障壁が高いアームロックだが、これほどのメリットがあると聞けば、ぜひ試してみたくなる。少しずつ専用パターも増えてきているので、ゴルフショップなどでチェックしてみよう。

This article is a sponsored article by
''.