ゴルファーなら一度は夢の70台でプレーしたいと願うものだが、そんな70台を日常的に出し、ときにはパープレー、アンダーパーでも回ってくるのがハンディキャップ「5下」レベルのアマチュアゴルファー。とある匿名5下シングルさんに、スコアを守るための基本的な考え方を教えてもらった。

ゴルフの“ディフェンス力”を鍛えよう

「スコアを守る」という言い方があるように、ゴルフでいいスコアで上がろう、70台を出そうと思うのであれば、大切なのはオフェンスよりもディフェンスであることは自明です。

しかし、野球のように攻守が切り替わらず、ましてや対戦相手が基本的にいないゴルフにおいては、そもそも「ディフェンスとはなにか」となってしまうのは無理もありません。

反対に、攻撃的なゴルフというのはイメージがつきやすいのではないでしょうか。ティショットでは1ヤードでも遠くに飛ばし、セカンドショットではピンをデッドに狙い、アプローチではチップインを、パッティングではラインを消した強気のタッチで狙うようなプレースタイルです。

言い換えれば、プロのゴルフです。彼らのゴルフは、60台でプレーすることを目指すゴルフ、バーディを狙うゴルフです。3つ4つ伸ばさなければ予選に通れない、あるいは優勝争いに絡めない。だから、超攻撃的になる。だから見ていて面白いし、憧れる。

画像: ピンチのときこそ、ゴルファーのディフェンス力が問われる(撮影/増田保雄)

ピンチのときこそ、ゴルファーのディフェンス力が問われる(撮影/増田保雄)

「ヨーシ、俺も!」とコースに出て、ドライバーを振り回してOB、セカンドでピンをデッドに狙ってバンカー、強気のタッチで大オーバーして3パット……プロのゴルフを真似していいことはひとつもありません。かつてプロのゴルフに憧れ、真似し、一向に70台のスコアが出せなかった私がいうのですから間違いありません(笑)。

続きを読む

飛ばない、乗らない、手負い。「三重苦」でも70台でプレーできるわけ

ショットはいいのに、なんでスコアにならないのか。そう思い悩んでいた私がアマチュア競技などで見た先輩トップアマたちは、プロのゴルフとはまったく別物のゴルフをしていました。

彼らは別に飛ぶわけではないですし、セカンドも毎回乗るわけじゃない。下手すれば3ホールに1回くらいしか乗りません。その上、アプローチやパットに傷(あえてイップスとは言いませんが)を負っていたりする。三重苦です(笑)。

それでも、ド花道からユーティリティで寄せたり、ラフからパターで寄せたり、なんとか工夫をしてパーを奪い、終わってみれば当然のように70台前半でプレーしてくる。それがなんともカッコいいんです。そういったスタイルを真似するようになって、少しずつ私もスコアを“守る”ことができるようになって、今に至ります。

たとえばティショットが林に入ってしまった状況で、きっちりボギー、悪くともダボで上がる。これがディフェンスのできているゴルフと言えます。上手い人ほど、トラブルの鎮火のさせ方が上手で、傷口を拡大させません。

サッカーでいえば、5バックでディフェンスし、攻めるのはよほどのチャンスのときだけ、というゴルフ。今から臨むショットにおいて、どうすれば一番怪我が少ないか。どうすればスコアを守ることができるか。そこを考えながらプレーするのがプロとは違うアマのゴルフの醍醐味であり、結局はそれが70台を出すことの一番の近道だと思います。

This article is a sponsored article by
''.