コンディショニングを行うことで、ゴルフにおける身体の正しい使い方を説き、数多くのツアープロを優勝に導いた石渡俊彦プロが「エクササイズだけで球筋は変えられる」をテーマにゴルファーの身体について指導する。第5回目はドライバーに必要な「捻転力」の第二弾。体幹をひねってほぐすストレッチを紹介する。ドライバーのスウィングの若返りに挑戦しよう!

前回はドライバーの飛距離アップ(あるいは維持)や、ショットを安定させるのに必要な、深い「捻転力」を手に入れるための、股関節の若返りストレッチを紹介しました。今回はその第2弾として、体幹の若返りストレッチを紹介しましょう。体幹の柔軟性がアップすれば、上半身と下半身の捻転差を大きくすることができ、飛距離アップに繋がります。

≪体幹捻りストレッチ 仰向け①≫

仰向けに寝た状態から、右足のひざを上げ、両手で抱えます。この姿勢でしばらく静止してストレッチした後、右手を斜め上に広げ、腕全体を床につけます。右ひざを左手で押しながら、右手を広げた方向と反対の左側に、体幹を捻じって倒します。右ひざの内側が床につくまで倒すのが理想ですが、決して無理はせず、倒せる限界のところまででOKです。

ひざを倒したときに右手が床から浮かないように注意。顔は床につけた右手の方向に向け、指先を見るようにすると、より体幹の捻転が深くなります。痛みを感じない限界のところまで倒したら、その状態で息を吐きながら10秒間静止します。終わったら、上げる足を入れ替え、同じ要領でストレッチします。

≪体幹捻りストレッチ 仰向け②≫

仰向けに寝て、両手はひじを曲げて、腕まくらをするように頭の下に置きます。両ひざをピッタリとくっつけて立てた状態から、左右に倒していきます。このとき、ひざを倒した方向と反対側の腕のひじが床から浮かないようにします。ひじを浮かせずに倒せる限界まで体幹を捻じったら、そのまま息を吐きながら10秒間静止。これを左右行います。

≪体幹捻りストレッチ うつ伏せ①≫

両手を広げた状態でうつ伏せに寝ます。片方のひざを曲げて足を上げ、足の裏(もしくはかかと)を反対側の床につけるように、ゆっくり体幹を捻っていきます。ストレッチした方向と反対側の腕のひじが床から浮かないように、左右ともに10秒間静止します。

≪体幹捻りストレッチ うつ伏せ②≫

両ひじを曲げた状態でうつ伏せに寝ます。両足のひざを曲げて足を上げ、ピッタリとくっつけます。この状態から両足をくっつけたまま、左右に倒します。倒すときはゆっくりと息を吐きながら行います。このときも足を倒した方向と反対側のひじが浮かないように注意。左右それぞれ、倒しきった状態で10秒間静止します。

これらのストレッチは、就寝前にもできます。いつまでも健やかにゴルフができるカラダを手に入れましょう。

This article is a sponsored article by
''.