コンディショニングを行うことで、ゴルフにおける身体の正しい使い方を説き、数多くのツアープロを優勝に導いた石渡俊彦プロが「エクササイズだけで球筋は変えられる」をテーマにゴルファーの身体について指導する。第二回目はドライバーのトラブルや体重移動に関わる「脊柱・股関節」をチェック。股関節のエクササイズでドライバーの飛距離アップも夢じゃない!

まずは、カラダの柔軟性をチェックするところから

今回は脊柱や股関節など、体幹と下肢の可動域や柔軟性をチェックしていきましょう。第1回目の上肢と同様、体幹や下肢の柔軟性もスウィングに大きく影響します。前回からの繰り返しになりますが、“いまのあなたのスウィングは、あなたの体の状態によって作られている”んです。

「若い頃の飛距離を取り戻したい」、「ショットを安定させたい」と思うのであれば、まずは自分の体の状態を知ることが大事なんです。

STEP1:脊柱の柔軟性&可動域をチェック

ひざの角度が直角になる高さの椅子に腰かけ、背筋を真っすぐ伸ばします。胸の前で両手をクロスさせ、左右に上体をねじってみましょう。このとき腰から下は絶対に動かさないようにしっかり固定します。右に上体をねじったときと、左にねじったときでは、どちらが体を回しにくいですか?

 右打ちのゴルファーの場合、右にねじるのがキツイという人は、バックスウィングで上体のねん転が不足し、トップで左肩の入りが浅くなりやすいんです。

画像: 下半身を固定して上体だけを回す意識で

下半身を固定して上体だけを回す意識で

当然、ダウンスウィングでは体が左に開くのが早くなり、クラブはアウトサイドイン軌道になります。いわゆるカット軌道になり、低いスライスや引っかけのミスが出やすくなるんです。

画像: 左右どちらのほうが回りやすいかをチェックしよう

左右どちらのほうが回りやすいかをチェックしよう

逆に、左にねじるのがキツイという人は、バックスウィングはしっかり体をねん転できますが、フォローからフィニッシュにかけて、左への振り抜きが悪くなります。ダウンスウィングでヘッドがインから入ってくるため、インパクトでフェースが開き、フェースのヒール側に当たるスライスのミスが出やすくなります。

STEP2:股関節の柔軟性&可動域(外旋動作)をチェック

画像: そのまま垂直に下に押す。これを左右やってみよう

そのまま垂直に下に押す。これを左右やってみよう

椅子にお尻の部分だけを乗せるように浅く腰かけ、右足のひざから下が地面と平行になるように、左足の上に乗せます。この状態から、右の股関節を開くように、両手で右ひざを真下に押し込んでいきます。右のお尻がグッとストレッチされるのが分かるはず。同じように、今度は左足を右足の上に乗せ、両手で左ひざを真下に押し込みます。同じ力で押したとき、左右のお尻のどちらがキツイと感じたか、その感覚を記憶しておきましょう。

STEP3:股関節の柔軟性&可動域(内旋動作)をチェック

画像: 立てている足が流れてしまわないように注意

立てている足が流れてしまわないように注意

両ひざを立てた状態で床に座り、両足は少し左右に開きます。この姿勢から片方の足のひざを床に近づけるように、内側に倒していきます。このとき立てた側のひざが外に流れないように注意してください。

これも左右交互に行い、どちらがより深く倒せるか、どちらがキツイかをチェックします。先ほどの外旋動作と合わせて、右がキツイという人は右の股関節の柔軟性が低い証拠です。右股関節が硬いと、やはりバックスウィングが浅くなりやすいので、トップで体重が左に残るリバースピボットや、クラブが外から入るカット軌道のスウィングになります。

画像: 左右どちらが硬いかチェックしよう

左右どちらが硬いかチェックしよう

逆に、左股関節が硬い人はダウンからインパクトで体の右サイドが前に出て、上体の前傾姿勢が早く起き上がります。クラブが極端にインサイドから入ってくるので、ヒールスライスや無理につかまえにいくと引っかけのミスが出やすくなります。

まずは自分の身体を知るところから始めることで、この先健やかにゴルフを続けられる身体作りに役立てましょう。

画像: 石渡俊彦(いしわたとしひこ) スポーツコンディショニング研究所及びゴルフスタジオf代表。 プロゴルファー&フィジカルトレーナー 1965年千葉県生まれ。 95年プロテスト合格。 男子・女子ツアーにおいて、復活優勝を果たした有名プロのコーチとして高く評価され、そのノウハウを活かし、若手の育成やアマチュアのレッスンにも力を注いでいます。 2004年「レッスン・オブ・ザ・イヤー」を受賞。 2005年 千葉市にてGolf Studio”f”を開設。

石渡俊彦(いしわたとしひこ)
スポーツコンディショニング研究所及びゴルフスタジオf代表。
プロゴルファー&フィジカルトレーナー
1965年千葉県生まれ。
95年プロテスト合格。
男子・女子ツアーにおいて、復活優勝を果たした有名プロのコーチとして高く評価され、そのノウハウを活かし、若手の育成やアマチュアのレッスンにも力を注いでいます。
2004年「レッスン・オブ・ザ・イヤー」を受賞。
2005年 千葉市にてGolf Studio”f”を開設。

This article is a sponsored article by
''.