いい道具には、必ず物語がある。世に数多あるゴルフギア&グッズの中から、とくにストーリーのあるものをピックアップするのが「ネクストブレイク ゴルフグッズ&ギア」。第24回はキャスコの「バイオスピン」。日立造船、大阪大学、キャスコが産学提携し開発したボールの威力とは?

キワモノじゃない! “杜仲ボール”

健康ブーム真っ盛り、サプリメントや、特定保健用食品(トクホ)などが世の中にあふれている。そんななかで、漢方薬の原料やお茶として使われる杜仲(トチュウ)をご存知だろうか?

なんとこのトチュウの果皮から抽出した硬質ゴム素材「超高分子量トランスポリイソプレン」を主成分とする「トチュウエラストマー」をカバーに使ったボール「バイオスピン」がキャスコから発売された。

もちろんゴルフボールに健康素材を使っても、ゴルファーが健康になるわけではないが、「トチュウエラストマー」はスグレモノらしい。

どのボールよりもスピン性能が高く、そしてスピンボールの代名詞であるウレタンカバーより耐久性が高く、そしてフィーリングがいいという。この素材は、国家プロジェクトとして応用開発され、日立造船、大阪大学、キャスコが産学連携で技術開発を行ってきたそうだ。

画像: 高弾性コアとソフトコアの2コアに、新素材「トチュウエラストマー」カバーの3ピース構造。直進性とスピン性能が高レベルで融合されている

高弾性コアとソフトコアの2コアに、新素材「トチュウエラストマー」カバーの3ピース構造。直進性とスピン性能が高レベルで融合されている

いかに素材がよくても加工し、成形するには技術が必要だ。あまり知られてないがキャスコは、82年からゴルフボールの製造を開始し、ソリッド3ピース、4層構造、5層構造ボールを世界に先駆けて発売している。そんなエポックメーキングなメーカーだから製品化できたのだろう。

カバーだけではない、世界最大級の大型デュアルコアは、余分なスピンを抑え、直進性をアップ、優れた空力特性で風に負けない弾道を実現した。

キャスコは、ボール、グローブ、クラブもすべて一貫して自社生産にこだわる。新しい素材に魅せられた開発・生産チームが作り上げた最新ボール。きっと高性能で、キャスコの技術や情熱が詰まっているに違いない。その性能を確かめたいと思うゴルファーは多いはず。久々に早くコースで試したいとワクワクするボールではないだろうか。

画像: キャスコのバイオスピン。世界初の杜仲カバーを使用したゴルフボールだ!

キャスコのバイオスピン。世界初の杜仲カバーを使用したゴルフボールだ!

写真/三木崇徳、文/田島基晴

This article is a sponsored article by
''.