「この距離、どのクラブがいいだろう……?」迷ってしまったので、数ホール前に同じような状況で同伴プレーヤーが使用したクラブの番手を教えてもらおうと考えた。でもこの行為、アドバイスを求めたことになってしまうのだっけ? 
画像: 「この距離、7番じゃ大きいかな……」

「この距離、7番じゃ大きいかな……」

7番ホールにて、セカンドショットに使うクラブを迷い中……。「さっきから、距離感が合わないのよね……。残り距離は7番でいいかしら。それとも8番? ああ、どうしよう……。決められないわ」。

画像: 「あれ? もしかしたらこの距離、さっきのホールと同じくらいかも」

「あれ? もしかしたらこの距離、さっきのホールと同じくらいかも」

そんなとき、ふと思いついた。「そういえばここ。さっきの5番ホールのパー3と同じくらいの距離の気がする! この感じ、似てるわよね。たしかあのホール、同伴者は……」

画像: 「ナイスショット! ベタピンじゃない~!」

「ナイスショット! ベタピンじゃない~!」

「そうそう、5番パー3で同伴者が打ったショットは、ベタピンだったわ。難なくバーディ獲っていたもんな~。あの子、あのとき何番のクラブをチョイスしたんだろう」。

画像: 「ねぇ、さっきの5番ホールのティショット、何番で打ったの?」「それは教えられませんよー!」

「ねぇ、さっきの5番ホールのティショット、何番で打ったの?」「それは教えられませんよー!」

「キャディさんに聞くのは問題ないですが、同伴プレーヤーに使ったクラブを聞いたら、アドバイスを求めたことになるから2打罰よ。もし私が答えたら、私まで2打罰になってしまうので、当然、教えられません!」

「あなたが打った直後に、同じ場所から打つ私が使用クラブを聞いたらアドバイスを求めたことになるけど、今のは5番ホールであなたが使ったクラブを確認しただけだから、別に問題ないんじゃない?」

さて2人の主張のうち、正しいのはどちら?

  • 使用したクラブを聞くと2打罰
  • 数ホール前の使用クラブは聞いてもいい
  • 使用したクラブを聞くと2打罰
    50
    98
  • 数ホール前の使用クラブは聞いてもいい
    50
    99

正規のラウンド中、プレーヤーはその競技に参加している他のプレーヤーにアドバイスを与えたり、自分のキャディ以外の人にアドバイスを求めることは禁止されている(規則8-1)。ただし今回のように、数ホール前に他のプレーヤーが使用した番手を本人に尋ねることは、規則8-1の違反とはならない(裁定8-1/6)。

週刊ゴルフダイジェスト5/8・15合併号「ゴルルとルール。」より。監修/小山混、写真/阪上恭史

This article is a sponsored article by
''.