バンカー内に落ちていた枯れ葉を足で踏んでしまったら、同伴者に指摘されてしまった! 冬のラウンドは、意外なところに自然物が点在しているもの。ルースインペディメントを取り除く際に注意しなければいけないポイントについて、おさらいしましょう!

画像: 「あった、あのボールじゃない?」「えー、私のじゃなくてあなたのじゃないの??」

「あった、あのボールじゃない?」「えー、私のじゃなくてあなたのじゃないの??」

画像: 「私のは越えていたわよ」

「私のは越えていたわよ」

グリーン手前の右バンカーに入ってしまったボール。「あーあ、どうやら私のボールみたい。あなたのだと思ったのに!」

「またバンカーかぁ……」。「ややアゴが高いけど、頑張って脱出させて! ファイトッ!!」

画像: ガサガサッ 「あっ!!」

ガサガサッ 「あっ!!」

「よーし、今度こそ1発で出すわよ。狙いはあの辺りにして……、力加減は……(ブツブツ……)」。「あっ!! ちょっと、足!」

画像: 「フェースをしっかり開いて……」「待って! いま葉っぱを踏まなかった?」

「フェースをしっかり開いて……」「待って! いま葉っぱを踏まなかった?」

「たしかにクラブや手で意図的に落ち葉に触れたり動かしたりしたら2打罰だけど、今のはボールに近づくときにたまたま落ち葉を踏んだだけだし、ライを改善したわけでもないから、問題ないと思うけど……」。

「この前のラウンドのとき、バンカー内の落ち葉を動かそうとしたら『ハザード内のルースインペディメントに触れたら2打罰』って注意されたわ。足で踏むのも『触れた』ことに変わりはないから、2打罰になるのよ!」

果たして、枯れ葉で足で“踏む”行為も、触れたことになるの? 2人のうち正しいジャッジはどっち?

  • バンカー内では落ち葉を踏むのもダメ
  • たまたま踏んだだけだから問題ない
  • バンカー内では落ち葉を踏むのもダメ
    27
    75
  • たまたま踏んだだけだから問題ない
    73
    205

ハザード内の球をストロークする前に、そのハザード内のルースインペディメントに触れたり、動かすことは禁止されている(規則13-4)。ただし今回のように、球のライや意図するスタンス・スウィングの区域を改善するようなことがなければ、足で偶然ルースインペディメントに触れても罰はない(裁定13-4/13・5)。

週刊ゴルフダイジェスト「ゴルルとルール。」より(監修・小山混、写真・姉崎正)

This article is a sponsored article by
''.